文游明朝体

ぶんゆうみんちょうたい

2021年MORISAWA PASSPORT搭載

文游明朝体は「時代をこえる普遍性を具えた造形美と可読性を標榜する日本の明朝体をつくる」をキーワードに、単行本や文庫などで文学文藝作品を組むことを目的に開発された明朝体です。
日本における文字の発生の起源や歴史を背景に、文字固有の骨格を尊重した伝統的な字形が特徴です。漢字は漢字らしく、平仮名は平仮名らしく、片仮名は片仮名らしく、三者三様の対比により美しく可読性の高い組版を実現します。

 

古典文学から現代文学まで組める汎用性を持ちながら、情緒豊かな組版表情を生み出す書体です。

 

文游明朝体のデザインについて 文游明朝体開発ノートより

  • 販売について

  • MORISAWA PASSPORTのみのご提供となります。MORISAWA PASSPORTについてはこちらをご覧ください。

    オンラインショップ、字游工房からの販売はございません。

  • 収容字種

  • StdN

     Adobe-Japan1-3+JIS2004字形(JIS第一、二水準の漢字のみ)+ユーロ通貨記号

     +印刷標準字体+人名用漢字+ルビ用仮名

    *詳しくは游書体ライブラリー収容字種一覧表をご覧ください。

  • フォントフォーマット

  • OpenType

  • OpenType機能

  • 字形切り替え機能

    詰め組み機能

    ペアカーニング(仮名・プロポーショナル欧文)

    全角欧文、記号類の上下の位置調整(縦組)

動作条件は游書体ライブラリーフォントの動作条件について(サポートページ)をご覧ください。

*フォントの仕様は予告なく変更される場合がございます。

組見本

  • 文游明朝体 StdN Rは単行本や文庫などの長文に最適なウェイトです。推奨使用サイズは8級から16級程度、使い方は縦組みのベタ送りが基本で、行間はゆったりとしたアキをとることを推奨しています。みなさまのより良い読書体験の一助となることを目標に設計しました。