文游明朝体S 垂水かな

ぶんゆうみんちょうたいS たるみかな

2021年MORISAWA PASSPORT搭載

垂水かなは2010年当時、文字組版会社の株式会社キャップスの依頼を受け、太宰治の『きりぎりす』をイメージし、女流文学向けの「流麗仮名」の名前で制作しましたが、今回、文游明朝体 StdN Rを縮小した小振りの漢字と組み合わせるために、全面的にリニューアルしました。鎌倉時代初期の坊門の局の書で、平安時代の女手の雰囲気を色濃く残した書を参考にして、柔らかく艶やかで、ゆったりと縦に流れるようなスタイルが特徴です。文字の大きさはやや小さめです。

  • 販売について

  • MORISAWA PASSPORTのみのご提供となります。MORISAWA PASSPORTについてはこちらをご覧ください。

    オンラインショップ、字游工房からの販売はございません。

  • 収容字種

  • StdN

     Adobe-Japan1-3+JIS2004字形(JIS第一、二水準の漢字のみ)+ユーロ通貨記号

     +印刷標準字体+人名用漢字+ルビ用仮名

    *詳しくは游書体ライブラリー収容字種一覧表をご覧ください。

    *小振りな漢字と仮名(清音・濁音・半濁音・拗促音・音引き・仮名返し)、○、仝以外は文游明朝体 StdN Rを流用しています。

  • フォントフォーマット

  • OpenType

  • OpenType機能

  • 字形切り替え機能

    詰め組み機能

    ペアカーニング(仮名・プロポーショナル欧文)

    全角欧文、記号類の上下の位置調整(縦組)

動作条件は游書体ライブラリーフォントの動作条件について(サポートページ)をご覧ください。

*フォントの仕様は予告なく変更される場合がございます。

組見本

  • 文游明朝体 StdN Rを縮小した小振りの漢字と組み合わせた縦組みに適した本文用書体です。鎌倉初期の仮名に範をとったスタイルは上品で、艶やかなイメージです。12~18級での本文はもちろん、見出しとしてもお勧めです。